楽天レンタルが終了。その理由を考察&代替サービスはこれだ!

楽天ブランドには便利なサービスや商品がありますが、その中の1つに楽天レンタルというものがありました。
しかし様々な事情によりサービスそのものが終了してしまったため、現在は利用することができません。
楽天レンタルは終了してしまいましたが、現在は別のサービスを利用すると良いでしょう。
では終了してしまったのは一体何故か、様々なことが考えられるため以下にいくつかまとめて紹介します。

定額による配信サービスの普及

楽天レンタルにより好きな映画や音楽など、作品を楽しんでいた人もいたと思われます
しかしレンタルをするためには、その都度料金を支払わなければなりません。
お気に入りの映画作品があったとしても、楽しむことができるのはレンタル期間中となります。
たとえばレンタル期間が1週間であれば、それまでには返却しなければならないのです。
もし同じ作品を再び楽しみたい場合、もう1度レンタルする必要があります。
一方配信サービスの場合、1度購入してしまえば返却する必要がありません。
同じ作品を何度もレンタルするより、定額で購入してしまった方が安く済む場合も考えられます。
また配信サービスを利用すれば、DVDやCDなどの実物を持つ必要がないというメリットもあります。
ネットに接続された端末を利用すれば、場所や時間を選ばずに再生できるでしょう。
実物を持つことに違和感を覚えた人が現れたため、楽天レンタルの終了につながったのかもしれません。
既存のものにはなかったメリットを持つ新規サービスが普及した結果と言えるでしょう。

ポスト返却が不便となる場合もあった

楽天レンタルでレンタルした作品は、直接ショップに届ける必要がありませんでした。
ポストに投函することで返却できるシステムが採用されていたためです。
わざわざショップまで訪れる必要がないことがメリットでしたが、人によってはデメリットだったかもしれません。
ポスト返却は自宅の近くに郵便局やポストがあれば、便利だと思われます。
しかしすべての利用者の自宅の近くに郵便局やポストがあるわけではなく、距離があった人もいたことでしょう。
また雨や風など天候が悪い日は、返却にも苦労してしまうでしょう。
豪雨や台風が住んでいる地域を直撃した場合、出歩くだけで命に関わる場合もあります。
天候の影響によりレンタル期間を超過してしまえば、延長料金がかかってしまうこともあるのです。
返却システムに不満を持った人がサービスから離れたことも、楽天レンタルの終了の理由のとして考えられるでしょう。

送料が別途かかってしまっていた

楽天レンタルは、1つの作品のレンタル料金の安さが評価されていました。
たとえばスポットレンタルは旧作DVDなどが1枚50円であり、一般的なレンタルビデオショップと比較して安いと言えるでしょう。
しかし、レンタル枚数に応じた送料がかかってしまっていたのです。
場合によっては送料がレンタル料金より高くなってしまうこともあったため、不評だったのかもしれません。
たとえばレンタル料金が500円で送料が600円となった場合です。
もし送料が無料であれば、その分でより多くの作品をレンタルできることになります。
コストをかけてまで映画や音楽を楽しもうとは思えない人たちが、楽天レンタルの終了を招いたのかもしれません。

楽天レンタルの送料

レンタルした作品の枚数に応じて、以下の通り送料が発生していました。

★1枚から4枚で300円
★5枚から7枚で500円
★8枚から10枚で600円
★11枚から15枚で800円
★16枚から20枚で1,000円

レンタルする枚数が少ない場合、送料の方が高くなってしまうのです。
1枚レンタルしただけで300円がかかってしまうと考えれば、避けてしまう人がいても当然だったかもしれません。

楽天レンタルが終了してしまった現在、代替サービスとしてTSUTAYA discasをおすすめします。
様々なジャンルの作品が取り扱われており、30日間のお試し期間があるため利用しやすいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ