dコレクション(d collection)は本当にダサいのか?調べてみた。

ファッションブランドにはそれぞれイメージがあり、同じものでもどのように評価するかは人によって異なるでしょう。
たとえばdコレクション(d collection)をイケていると思っている人もいれば、ダサいと思っている人もいます。
ダサいと思っている人にはそれなりの理由があり、また他のブランドの洋服を愛用しているのだと思われます。
ではdコレクション(d collection)がダサいと思われているのは一体何故か、また本当にダサいのかなどについて以下にまとめていきます。

ブランドそのものがファッション上級者向きではない

dコレクション(d collection)の人気目玉商品は、黒色のスキニーパンツです。
使用されている素材により運動性能が高く、シンプルかつスタイリッシュに楽しめるでしょう。
元々dコレクション(d collection)は、ファッション初心者に向けて作られたブランドです。
気軽にファッションを楽しんで欲しいという狙いがあるため、シンプルなデザインのものが取り扱われているのでしょう。
スキニー以外にも、無地のシャツなどがあります。
それらを地味だと評価している人たちが、ダサいと言っているのかもしれません。
確かに派手さはないかもしれないため、避けられる傾向にあるのだと思われます。
ファッション上級者であれば、変わった模様や柄をさり気なくどこかに入れたくなるのかもしれません。
しかしチョイスを間違えてしまうと、おしゃれではなく奇抜に思われる可能性もあります。
無地でシンプルなデザインであれば、誰でも簡単に着こなせるのではないでしょうか。

安さがマイナスに評価されている

上記で説明した黒色のスキニーパンツは、税込で4,980円で購入できます。
高級ブランドには1万円近くするものもあるため、比較すると安いと言えるでしょう。
値段にこだわらない人であれば、安くてもお気に入りのものでおしゃれを楽しめるはずです。
しかし安物イコールダサいと、マイナスに考えている人がいるかもしれません。
確かに高級ブランド品には、生地や素材にも最高級のものが使われている場合があります。
高級感にこだわる人にとって、dコレクション(d collection)は合わないのかもしれません。

高ければ良いわけではない

黒色のスキニーパンツを例に紹介しますが、ストレッチ素材が使われています。
伸縮性が高いため、運動時に着用してもストレスがないかもしれません。
いくら高級なものを着用しても、機能性が悪ければ気持ち良く過ごせないでしょう。
安物イコールダサいではなく、dコレクション(d collection)の場合は安くて良いものが揃っていると考えてください。

着こなし方を理解していない購入者もいる?

ブランドそのものがダサいわけではなくても、そのブランドの愛用者のセンスが悪ければイメージダウンとなるかもしれません。
たとえばある男性が、dコレクション(d collection)でトップスを購入したとします。
トップスだけを見れば似合っていても、ボトムスやその他装飾品が似合っていない場合を考えてください。
シンプルなデザインのトップスに派手すぎるボトムスを合わせると、全体のバランスが悪くなってしまうでしょう。
また細く見せたいために無理に小さめのサイズのものを選んでも、不自然に目立ってしまう可能性があります。
ぽっちゃりした体型の人の場合、お腹や胸の余計な贅肉のラインが浮き出てしまうかもしれません。
dコレクション(d collection)は初心者向けのブランドであるため、このような失敗をしてしまう人もいるかもしれません。
反対に言えばおしゃれに着こなすことができれば、ファッションを楽しむと同時にブランドイメージを高められるでしょう。

dコレクション(d collection)の良いところを知ろう

ダサいと思い込んでしまっている人を納得させたい場合、デザイン性以外の良さを伝えると良いかもしれません。
そのためにはまず、自分自身がdコレクション(d collection)の良さを知る努力をするべきです。
以下のようなポイントは、良いと言えるのではないでしょうか。

★メッセージアプリでファッションに関する相談ができる
★様々な情報を発信しているメールマガジンに登録できる
★コーディネートを診断してくれる機能がある
★公式サイト上には常に最新の情報が掲載されている
★送料無料で返品可能な商品もある
★サイズが合わなかったときに無料で交換してもらえる場合もある

1つでも魅力的に思えるものがあれば、ダサいというマイナスなイメージが変わるかもしれません。

dコレクション(d collection)は決してダサいブランドではなく、むしろおしゃれの登竜門と言えるでしょう。
今までファッションに興味がなかった人でも、シンプルなデザインや手ごろな価格から気軽に楽しめるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ