しまむらのパーカーの魅力に迫る。しまむらのパーカーは本当に安い?

様々な衣料品が取り扱われているしまむらでは、パーカーも多種多様に取り揃えてあります。
しまむらのみで取り扱われているオリジナルのものの他に、人気アニメ作品のキャラクターパーカーもあります。
もちろんシンプルなデザインをしたものもあり、価格もリーズナブルと言えるでしょう。
これからしまむらのパーカーを購入しようと考えている人は、是非とも以下にまとめる情報を参考にしてください。

しまむらのパーカーは本当に安い?

通信販売されているしまむらのパーカーには、1,000円以下のものがあります。
別の店でパーカーを購入する場合、1,000円以上かかってしまう場合もあるでしょう。
そのため比較して考えれば、安いと言えるのではないでしょうか。
メンズ用のサイズの大きな7分袖迷彩柄ジップパーカもあり、価格は税込で2,900円です。
身体の大きな大人でも着用できることを考えると、やはり安いと言えるでしょう。

何故しまむらのパーカーは安いのか?

パーカー以外の衣料品にも言えることですが、徹底したコスト削減が行われているのです。
現在のしまむらの店舗数は、1,400店舗を超えると言われています。
1店舗に同じ洋服のMサイズからLLサイズを1枚ずつ仕入れると、3枚となります。
つまり同一店舗に1つの洋服を揃える場合、大量に仕入れることになるのです。
そう考えると、しまむら1店舗にパーカーを含めた大量の衣料品が倉庫にように管理できるのです。
大量仕入れによりコストを抑えることを、ビジネスの世界ではチェーンストアの原理原則と呼ぶ場合があります。
しまむらはこの原理原則を上手く利用しているため、パーカーを安く販売することができるのです。

パーカーの機能性が高い

CLOSSHIというシリーズのレディースパーカーを例に紹介します。
夏などの暑い時期にもパーカーを羽織る人には、肌が他人より敏感だという人もいるでしょう。
しかし生地が厚いものはゴワゴワしてしまい、熱が溜まることで過ごしにくいかもしれません。
体温調整が上手くできないと体調を崩してしまい、熱中症になる可能性もあります。
CLOSSHIシリーズのパーカーがおすすめな理由ですが、ひんやりタッチの素材が使われているためです。
従来のパーカーにはない、ひんやりとした感覚が味わえるでしょう。
夏場に着用しても不快感がなく、冬場でも中に着るインナーをヒートテックにするなど工夫をすれば問題ないでしょう。
また紫外線をブロックする効果も期待でき、肌が弱い人にもおすすめです。
紫外線対策の一環として、1着購入してはいかがでしょうか。

アニメファンには嬉しいパーカーもある

常時取り扱われているわけではありませんが、しまむらと人気アニメ作品が期間限定でコラボしたことがあります。
社会現象にもなった有名作品だけではなく、深夜アニメなどのオタク層に特化したものもありました。
しまむらとアニメ作品の版権元の話が合えば、またオリジナルのキャラクターパーカーが発売されるかもしれません。
人気の高い作品のものは、発売されてもすぐに売り切れてしまうでしょう。
好きなキャラクターパーカーが発売されていないか、常にしまむらの公式ホームページやチラシをチェックすると良いでしょう。

しまむらはアニメオタクの味方?

キャラクターが描かれたパーカーは、アニメグッズの専門店などにもあると思われます。
しかし一般的な衣料品の店で取り扱いがあるのは、しまむらくらいでしょう。
有名作品はもちろんのこと、世間一般にはあまり馴染みがない作品のものも購入できるかもしれません。
しまむらでお気に入りのキャラクターパーカーを購入し、それを着用しながらアニメを鑑賞すると楽しいのではないでしょうか。

しまむらのパーカーはどんなときに着用する?

パーカーをどのように着こなすかは購入した人次第ですが、以下のような場合に着用すると良いでしょう。

★薄着で過ごしているときに肌寒さを感じた場合
★肌を露出しているところを見られて恥ずかしく感じた場合
★腕や首筋に汚れやブツブツがあり隠したい場合
★トップスのコーディネートがTシャツやタンクトップだけではイマイチだと感じた場合
★運動をするときに生地の薄いパーカーを選んでジャージ代わりにする場合
★掃除やその他作業をするときの作業着代わりにする場合
★ラフな服装の着用を求められた場合
★近所のコンビニや自販機で買い物をするなどの短時間の外出をする場合

しまむらの安いパーカーであれば、汚れても気にならず使い捨てする人もいるでしょう。
また汚れても作業着や室内着として着用するのであれば、気軽で便利かもしれません。

しまむらのパーカーには機能性やデザイン性も期待でき、着こなす本人のセンスが良ければおしゃれを楽しめるでしょう。
購入前にどのようなデザインのものをどのような用途で着用するか考えておくと、ピッタリのものが見つかるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ