カリスマ美容師内田聡一郎(LECO)の人物像に迫る

内田聡一郎はカリスマ美容師として業界内から高く評価されており、その他の方面でもマルチに活躍する人物です。
自らのヘアサロンを経営する一方で、DJ活動やセミナー開催など多彩な方面で名を馳せています。
ミュージシャンやアイドルなど数々の著名人のヘアメイクを手がけてきた彼ですが、その人生は平坦ではありませんでした。
では彼の人生にはどのような紆余曲折があったのか、またどのような人物なのかをチェックしてみましょう。

カリスマ美容師内田聡一郎について

内田聡一郎は1979年、神奈川県で生まれました。
高校生時代地元である横浜市内の美容室でアルバイトを始め、高校卒業後もそのままその店で働き続けました。
彼は本格的に美容師を目指すべく、アルバイトを続けながら通信制の美容学校に進学することを決めたのです。
春と夏に2週間ずつ授業を受けながら働くという生活をおよそ3年間続け、21歳になり念願の資格を取得しました。
その後アルバイトをしていた店を辞め、美容業界から一旦離れてフリーター生活を続けます。
しかしこのままではいけないと考えた彼は、再び美容師への道を目指します。
かつて目指していたものから離れたことで、改めて美容業界への憧れや熱意が蘇ったのでしょう。
原宿で働くことを希望していた彼は、VeLOという美容室のオープニングスタッフとなります。
ここから美容師としての才能を開花させ、遂にはディレクター兼店長を任せられるようになります。
現在は独立し、ヘアサロンLECOをオープンさせました。
これから美容師として働く人や将来働くことを目指している人にとって、内田聡一郎は憧れの存在かもしれません。
成功の裏に隠されたたゆまぬ苦労と努力が、今現在の彼を作り上げたのでしょう。

スランプと独立するきっかけ

実は内田聡一郎は独立前、急病を患ってしまい2週間ほどの入院生活を経験しています。
病気自体はそれほど大きなものではありませんでしたが、不安や葛藤などが彼を襲います。
しかし病気にかかり入院を余儀なくされたことで、彼は自分を見つめ直そうとしたのでしょう。
今の自分に何が必要かと考えているうちに、彼の脳裏には独立の2文字がよぎりました。
自分自身でマネジメントや若い美容師の育成をして、新たなスタートラインに立つ決意をしたのです。

退院後にLECOを立ち上げる

内田聡一郎がLECOを立ち上げたのは、退院からおよそ1年以上が経過したころです。
サロンの扉を開いて新しい自分を見つける、というテーマを元に立ち上げられた美容室です。
また内装にもこだわりがあり、モダンミニマルをコンセプトとしています。
白を基調としたシンプルな内装となっており、清潔感を感じられるでしょう。

内田聡一郎が目指す人が辞めない美容室作り

ある記事のこだわりに関するインタビューに対して内田聡一郎は、共犯者作りが大切だと発言しています。
働く社員が辞めない、働く社員を辞めさせないという2つのポイントを重視しているとのことです。
社員の満足度を上がることも重視しており、目の前にある問題の解決が必要だとも述べています。
ちなみにLECOのオープニングスタッフの面接には、130通以上の履歴書が届いたとのことです。
これからの美容業界や美容師に関する彼の考え方について、それだけ多くの希望者たちが共感したのでしょう。

内田聡一郎が掲げる今後の目標

LECOを今後どのようにするかについて、彼はあるインタビューの中で次のように語っています。
オープンしてから3年が経過しても、今現在のスタッフたちが全員揃っていることが大切だと言うのです。
加えて新しい人材を迎え入れ、手狭になって新店を出すことを目標としています。

内田聡一郎と一緒に働くためには何が必要となるのか?

美容師として内田聡一郎と一緒に働くことは、簡単とは言えないでしょう。
しかし次に挙げるポイントを満たしていれば、LECOの新規スタッフとなれるかもしれません。

★美容師として強い意志を持っている
★周囲に対して前向きなアピールができる
★最終的に自分がどんな存在になりたいかを考えている
★スピード感に対してシビアである
★失敗してしまってもリカバリーがすぐにできる
★流行に対して敏感である
★ビジネススキルに対してもスピードを重視する
★時間を無駄にせずトレーニングに励む
★自分の個性を理解する
★コンプレックスを武器にして勝負する
★様々な分野から勉強して自らのセンスを高める

内田聡一郎はこれらのことが大切であると、インターネット上のインタビュー記事で述べています。
いきなりすべてを満たすことが無理でも、1つずつクリアしてスキルアップをすると良いでしょう。

美容業界と美容師の明日について常に真剣な考えを持つ内田聡一郎は、名実ともにトップクラスの美容師と言えるでしょう。
もし彼に会いたい場合はLECOに連絡し、指名を入れて予約してはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ