ヤマダ電機で買取をしてもらうための手順など

ご存知ない方もいるかもしれませんが、ヤマダ電機には買取査定サービスがあります。
いったいどんな特徴を持ったサービスなのか、詳しく見てみましょう。

買取金額を調べよう

ヤマダ電機ではパソコンやデジカメなど様々な製品の買取を行っています。
しかしいったいいくらぐらいで買い取りをしてもらえるのか、金額の目安を知りたい方も多いでしょう。
通常であればショップに実物を持っていって、その場で査定してもらうのが一般的です。
しかし納得のいく査定額が出るまで何件も回るなど、労力を使うこともあります。
そんな中ヤマダ電機の買取金額は、インターネット上で知ることができるので便利です。
まず買取ページにアクセスしたら、分類とメーカーを指定します。
分類は携帯電話やデジカメ、ノートパソコンなど買取してほしい機器の種類を指します。
なおメーカーだけでも検索することができますので、活用するといいでしょう。
型番や商品名、JANコードなどが明らかな場合は、キーワード検索が便利です。
自身でキーボード入力し検索ボタンをクリックしたら、該当商品の買取金額が表示されます。
もし検索がうまくいかないばあいは英語やカタカナなど表記方法を変えたり、検索キーワードを短くしてみてください。
キーワードが2つ以上ある場合は間に半角スペースを入れたり、記号を削ったりするのも有効です。

店頭買取の流れをチェック

実際に店頭買取してもらう場合は、どのお店で店頭買取してもらうことができるかまず調べましょう
ヤマダ電機は全店舗で買取を行っているわけではありませんから、事前に調べることは重要です。
お店とお店の間は距離がありますので、最初に言ったお店では買取をしていなかったために車で30分かけて別の店舗に行くということも十分あり得るのです。
お店に買取をしてほしい商品を持っていくと、担当者が商品の状態や付属品の有無を確認します。
そのうえで買取金額が正式に決定しますが、ホームページの金額査定はあくまで仮ですから異なる場合もあると覚えておきましょう。
買取金額に納得したら身分証明書を提示し、買取金額を受け取って終了です。
身分証明書には運転免許証や健康保険証、パスポートに住民基本台帳カードが有効です。
取得から3か月以内の住民票や外国人登録証明書など、名前と現住所と生年月日が確認できるものが該当します。

高く買い取ってもらうには

どうせなら高く買い取ってほしいというのが、人間の心理ではないでしょうか。
そこでヤマダ電機の買取サービスで、より高く買い取ってもらう方法を見てみましょう。
まず商品の状態はきれいな状態がベストですから、掃除をして持っていきましょう
汚れやシール跡がある場合減額となりますので、どうしても取れない傷などは仕方ありませんが落とすことができる汚れは落としましょう
それから液晶画面の色むらにドット欠け、動作上の問題や不具合のチェックをしてください。
場合によっては買取ができないものもありますし、充電されていない携帯電話の買取は断られることがあります。
また充電器やバッテリーなどの付属品がある場合は、必ず一緒に査定に出します。
附属品に欠品があると減額になってしまいますので、購入したときについてきたものすべて持っていく気持ちでいましょう。
デジカメやビデオカメラなどのハードディスクに大切なデータが入っている場合、バックアップをしてください。
リユース商品はデータが完全に消去されてしまいますので、一度買取に出すと二度と取り戻すことはできません。
また大切なデータですからもちこむ前に消去し、個人情報の洩れなどにも十分注意してください。

買取店舗を探そう

買取査定をしてもらえる店舗は決まっていますので、あらかじめホームページで調べてから行きましょう。
ヤマダ電機の店舗検索ページを開くと、あなたの家の近くの店舗情報及び取り扱い商品のアイコンを見ることができます。
店舗詳細の中に買取という表示があれば、店頭買取を行っていますので利用するといいでしょう。
またパスワード設定が解除されていない、プリペイド式携帯電話などは買取の対象外です。
リコール対象機種も買取不可ですが、修理後正常な状態に戻っていれば買取してもらうことはできます。
またホームページで買取査定して金額が表示されても、店頭での査定の結果、買取ができない場合があることを覚えておきましょう。
なお18歳未満の方が買取を希望する場合、親権者または保護者の同意が必要ですから承諾書を提出してください。
時にキャンペーンを行っていることもありますが、キャンペーン対象外の製品もありますので注意しましょう。

ヤマダ電機の店頭買取サービスは利便性も高いので、買い替えのついでに買取もお願いするという人が多くみられます。
もしあなたの手元に使わなくなった電化製品や携帯電話などがある場合は、利用上の注意を確認したうえでヤマダ電機の買取サービスを利用してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ