ヤマダ電機のポイントカード(期限、交換、使い方、確認)について

テレビCMでもおなじみのヤマダ電機ですが、ポイントカードを使うとお得とも宣伝しています。
具体的にヤマダ電機のポイントカードに、どのような特徴があるのか見てみましょう。

有効期限はいつ?

割引を受けることができるなど何かと便利なポイントカードですが、有効期限が気になる方もいるでしょう。
現金値引きといわれるヤマダ電機ですが、ポイントカードを作ることもできますし当然有効期限もあります。
ヤマダ電機のポイントの期限は、最後に買い物をした日またはスロットを回した日から1年間となります。
つまり発行した日から1年ではないということですが、長い間ヤマダ電機で買い物をしないといつの間にかポイントが失効していたということもあるのです。
ただし店頭に欲しい商品がなかったため自宅に後日発送してもらうという場合は、ヤマダ電機が商品を発送した日が起点となります。
つまり3月3日に商品を購入したけれど、ヤマダ電機から発送された日が3月20日だった場合は翌年の3月20日が有効期限ということです。

ポイントの交換方法や還元率

ヤマダ電機のポイント還元率は、現金払いなら10%、クレジットカード払いなら8%になります。
つまり10000円の商品を現金で購入すると、1000ポイントが付与されるわけです。
ではクレジットカード払いより現金払いのほうがいいのかというと、ヤマダ電機の提携クレジットカードなら10%還元になるのでそうも言えません。
ヤマダLABIカードを作って利用すれば、本来10000円の買い物で800ポイントのところ1000ポイントもらうことができるのです。
またクレジットカードには2種類ありますが、ANAマイルがたまるタイプもありますのでお得と感じる方もいるでしょう。
さらにお買い物以外でポイントを獲得するなら、ヤマダ電機スマホ専用アプリを利用するのがおすすめです。
ゲームなどを利用することでポイントがたまりますし、割引クーポンなどが発行されます。
長期保証サービスの保証書もこのアプリに保管されますので、利便性は高いでしょう。
さらにスマホアプリをインストールし必要事項を入力すると、1000円以上の買い物でスロットを4回回すことができます。
このスロットでは来店ポイントが付与され、1等から6等まで最大4000ポイントをもらうことができます。
ただしスロットを回すことができるのは1日1回ですから、4回回すには4日間お店に行く必要があります。
なおヤマダ電機とポイント提携しているお店なら、クレジットカードを利用するとポイントがたまるシステムがあります。
提携数はまだ少ないようですが、有効期限も伸びますので利用しやすいでしょう。

ポイントの使い方

ヤマダ電機の買い物でためたポイントは、1ポイント1円として利用できます。
現金と同じように買い物ができますので、たとえばポイントが1000ポイントたまっていて1万円の買い物がしたい場合、9000円で購入することができるのです。
さらにヤマダウェブコムを利用する場合も利用することができるので、希望する場合は決済画面でポイント利用画面のポイント利用を変更するをクリックしましょう。
ポイント利用のページには現在の保有ポイント数が表示されていますので、どのぐらいポイントを使うのかあらかじめ決めておくことができます。
クリックするとポイントを全額利用するのか、一部利用するのか問われますので選択してください。
ポイントを一部だけ利用する場合は、ポイント数を別途入力して選択するボタンをクリックする必要があります。
店頭でポイントを利用して買い物する場合は、お会計の際店員にその旨を伝えましょう。

ポイントや有効期限の確認方法

ヤマダ電機のポイントカードの有効期限がいつなのか、覚えていないあるいはわからないという方もいるようです。
ポイントの確認方法は3通りありますが、一つはヤマダ電機で聞くことです。
ヤマダ電機の店員であればだれでもいいので、会員登録した際の電話番号を伝えて調べてもらいましょう。
なお店頭で聴く方法もありますが、店舗に電話をしてもかまいません。
また買い物をしたときに発行されるレシートにも、ポイント数と有効期限が記載されています。
もう1つの方法はスマホアプリを利用し、ポイント詳細を調べる方法です。
ケイタイde安心にログインすると、ポイント残高はもちろん、有効期限を知ることができます。
それからヤマダ電機の通販サイトに当たる、ヤマダウェブコムを利用するのもいいでしょう。
会員登録する必要がありますが、マイページからポイント残高や有効期限を知ることができます。
有効期限まで間がないという場合は早急に使うか、買い物をして有効期限を延ばすのが得策です。

ヤマダ電機のポイントカードは、貯めやすく使いやすい仕組みがあります。
もしこれからヤマダ電機を利用したいという方やポイントカードを作ったことがないという方は、この機会に作ってみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ