ジャパネットたかたの下取りはとても便利

ジャパネットたかたにはいろいろなサービスがありますが、下取りもその一つです。
大きく分けて2つの方法がありますが、具体的なジャパネットたかたの下取りサービスについて見てみましょう。

家電リサイクルの下取り

家電リサイクル法によって、テレビなどの処分が大変手間になってしまったと感じている人も多いでしょう。
そのため買い替えの際に下取りをしてもらえるのは非常にありがたいことです。
ジャパネットたかたでもテレビや冷蔵庫、洗濯機にエアコンを購入すると家電リサイクル法にのっとって下取りしてもらうことができます
依頼方法は簡単で、申し込みをしたら商品が届けられるのと引き換えに、古い家電を引き取ってもらうだけです。
ジャパネットたかたではエアコンや洗濯機など、一人では設置が難しい家電の設置をしてくれるので便利です。
下取りしてくれるのはブラウン管式テレビや液晶テレビ、壁掛け型セパレートタイプのエアコンや床興型マルチエアコンなどです。
洗濯機も全自動から2葬式に衣類乾燥機も引き取ってもらえますし、冷蔵庫はワインセラー等も対象となっています。

家電リサイクル下取りの注意点

ただし家電リサイクル法に指定されている4つの家電の下取りにも、いくつか注意点があります。
まず下取りしてもらえるのは1つの注文商品に対して、処分したい家電1つです。
テレビを1台購入したけれど、下取りは2台してもらいたいということはできませんので注意しましょう。
またプロジェクションテレビやDVDプレーヤー、カーナビなどのテレビ機能付き家電は下取りができません
エアコンも埋め込み型や業務用が、洗濯機は換気扇や除湿器などが、冷蔵庫は業務用が下取り不可となっています。
なおリサイクル料金と収集運搬料は別途かかりますので、注意しましょう。
買取だけしてほしいという場合は応じてもらえませんし、下取りサービス対象品ではない場合は別途申し込みが必要です。
もし注文した商品が下取り対象外の場合は、商品到着後にフリーダイヤルに連絡してください。
ただし家電リサイクル法対象外のもの、例えば電子レンジやパソコンなどの回収はしていません
また下取りされた商品をジャパネットたかたで再販するということはありませんので、安心してください。

家電リサイクル法対象外製品の下取り

家電リサイクル法対象外だけれど、下取りしてくれるという商品がジャパネットたかたにはいくつかあります。
対象となるのは商品に下取りありと書かれているものだけですが、申し込み後商品到着までに家電製品を梱包するだけです。
あとは商品の到着と引き換えに、不用品を配達品に渡せばいいだけですから簡単でしょう。
下取り手数料が別途かかりますし、商品などによって下取り金額も異なります。
ですが炊飯器や家庭用掃除機、デジタルカメラにビデオカメラをはじめ、レコーダーや電子辞書などは下取りの対象になります。
またパーソナルカラオケやカーナビ、ドライヤー、電話やミシン、高圧洗浄機、シェーバーに体重計なども下取りしてもらえるのです。
多くの家庭にある電子レンジや空気清浄機、アイロンにパソコンやプリンターも対象となっています。
ほかにはマッサージ機も下取りの対象ですが、家電以外では布団やゴルフクラブが下取り可能です。

一般家電などの下取りの注意点

非常に幅広いジャンルの製品を下取りの対象としているジャパネットたかたですが、必ず商品に下取りありと書かれているか確認してください。
買取だけの下取りには応じていませんし、下取りありと書かれていない商品は下取り対象外になります。
また下取りしてほしい製品を梱包する場合は、箱を自身で用意してください
送られてきた製品の箱に詰め替えることはできませんので、十分注意しましょう。
またリモコンやバッテリー、アダプタなどのアクセサリや付属品も、一緒に梱包するよう気を付けてください。
下取り品を引き取った後、製品に汚損や破損が発生しても、ジャパネットたかたでは責任が取れませんので覚えておきましょう。
また一度処分品として下取りに出した製品を、あとから返して欲しいといっても応じてもらうことはできません。
さらに製品によっては下取り対象外のものもありますので、あらかじめ確認してください。
炊飯器は下取り不可の製品がありませんが、掃除機の場合は業務用や電池式クリーナーの下取りができません。
カメラ類でもインスタントカメラやカメラ機能付き携帯電話、おもちゃのカメラは対象外です。
ビデオカメラの場合もおもちゃや携帯電話は対象外ですし、レンズ付きフィルムも下取りしてもらうことはできません。
レコーダーの場合、ビデオ一体型TVは下取りされませんが、電子辞書は下取り不可の種類がありませんので安心してください。

ジャパネットたかたの下取りは非常に便利ですが、注意点もありますのであらかじめ確認しておきましょう
自身では処分が大変と思っている家電類も、ジャパネットたかたを利用して下取りに出してみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ