YouTubeの音量を上げるには

YouTubeの動画を楽しんでいるときに、音量がとても小さくて困ることがあります。
せっかくお気に入りの動画を見つけたのに、音が小さくて残念な思いをしたことがあるかも知れません。
YouTubeの音量を上げる方法を幾つか紹介しますので、参考にして下さい。

Windowsなら簡単に音量を上げられる?

Windowsパソコンを使っているなら、簡単に音量を上げることが可能です。
先ずはカーソルを、スピーカーマークの所に持って行きます。
右クリックで再生デバイスを選択して下さい。
その後表示された画面の中から、スピーカーを選びます。
すると右下の方にプロパティボタンが出てくるのでクリックすると、スピーカーの設定を細かく出来ます。
その中から拡張タブを選んで、一番下の項目を見ると、ラウドネス等化という項目が出てきます。
このラウドネス等化を選ぶと音が大きくなるので、そこにレチェックを入れて下さい。

YouTubeの音量はソフトを使って上げられるのか

ダウンロードしたYouTubeの動画の音量を上げる別の方法は、音量を上げるソフトを使う方法です。
WindowsでもMacでも使用できるフリーソフトがあるので、活用して行きたいと思います。
音声変換フリーソフトは幾つかありますが、使いやすいものを選びましょう。
フリーソフトを利用すると、元の動画の音量を200パーセントから500%ほどにまで上げていくことが可能です。
音声変換フリーソフトは登録や使用料金がいらないですし、動画の解像度などの調整も出来るのでとても便利ですよ。

マスタリングで音量を上げる方法

YouTubeの動画はアップした人が、どのような方法で音声を編集したかによって音量はかなり変わってきます。
そこで、いったんダウンロードした動画の音声を、マスタリングして音量を上げる方法があります。
コンプレッサーやリミッター、マタエフェクトなどを使用して、音声を編集する方法です。

作曲ソフトなどを持っていると、そのソフトをYouTubeの音量を上げるために活用できます。
YouTubeの動画をダウンロードするときには、.wav形式でダウンロードして、ファイルをノーマライズしましょう。
ノーマライズだけでも音が大きくなりますが、さらに大きくしたいときには、リミッターのブーストのメモリを徐々に上げて、最適な音になるまでアップします。

ブルートゥーススピーカーと接続する

別のYouTubeの音量を上げる簡単な方法は、ブルートゥーススピーカーを利用するものです。
YouTubeの動画を見ているパソコンやタブレットと、ブルートゥーススピーカーを接続するだけなので、誰でも簡単に行えますよ。

ブルートゥーススピーカーを選ぶときには、音質重視なら圧縮形式が高音質に対応しているaptXタイプを選んで下さい。
ハイレゾ音源をほとど劣化させずに伝送するLDAC形式に対応しているスピーカーを選ぶのも良いでしょう。

大音量にしたいときには、出力が10W以上の製品を選ぶと良いですよ。
家で据え置きスピーカーとしても十分に使えるほどの音量が出ます。

動画を投稿するときに音量を上げる方法

自分が動画を投稿するときに、どうしてもYouTubeの音量が低くて困るならどうしたら良いでしょうか。
そんな時には、声と画像を収録する機械に注目しましょう。
音を収録するマイクのブースト機能を使って、音量を上げる事が出来ます。

別の方法は、編集ツールを使って音量を上げる手段です。
無料の編集ツールでも高度な作業が出来るので、投稿する動画の音量を上げる設定にしましょう。
編集ツールの拡張編集の部分で、音量設定をデフォルトから上げると音量の大きい動画を作れます。
もしくは、音量の最大化という設定を選ぶことも出来ます。

YouTubeの音量を上げるには、ソフトを使ったりブルートゥーススピーカーを使用したりする方法があります。
Windowsの設定を変更するだけでもかなりの改善が見られるので、困ったときには試してみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ