春服はいつから着るのが正しいのか

いつから春服を着たら良いのか、不安になることがあります。
あまり早すぎても浮いてしまいますし、遅すぎると恥ずかしくなることがあるからです。
上手に春服を着始められるように、役立つ情報をまとめてみたので参考にして下さい。

春服はいつから着るのが良いの?

一般的に春服を着始めるのは、4月上旬と考えられています。
4月に入ると気温が段々と上がってきますので、春服でも風邪を引きにくい気候になってきます。
3月などはまだまだ寒い時期が続きますし、暖かくなったと思ってもすぐに寒い日が戻ってくるので、まだ春服を着るには早いでしょう。
その年によって気温の上がる時期は少しずつ違ってきますが、平均的には4月から暖かくなると覚えておきたいと思います。

春服はいつから販売されるのか

その年の新しい春服はいつ頃から販売されますか。
春服は2月の上旬から、もうお店に陳列され始めます。
お店が春色になってくると自分も早く春服を着たくなりますが、そこはちょっと我慢して4月から春服を着るようにして下さい。

流行の春服は2月から買うことが出来ますので、その年の流行のカラーなどをチェックしてお気に入りの春服を見つけましょう。
4月頃はもう春服のバーゲンをしているので、お気に入りの洋服を見つけたら早めにゲットするのが良いですよ。
ただバーゲンで掘り出し物を見つける楽しさもありますね。

女子の春服コーデの仕方

その年の流行を取り入れながら春服のコーデをして行くには、雑誌を参考にするのが一番良いでしょう。
春らしいのはデニムを取り入れた軽やかなファッションです。
デニムのシャツにベージュやホワイトのスカートやパンツを合わせると、冬には出来なかった春らしいファッションを演出できます。

カーディガンをいつもアクセントとして合わせるようにすると、少し肌寒くても安心ですよ。
ワンピースにホワイトのジャケットやカーディガンを合わせるのも、おとなの雰囲気を出せるコーデです。
エレガントなイメージなので、周りからの印象も良くなること間違いなしでしょう。

男子の春服コーデの仕方

男子の春服コーデの場合は、シンプルなのがおすすめです。
無地のジャケットに白いシャツ、そして黒いパンツなどを合わせると爽やかですし、大きく外してしまうことがありません。
シンプルなジャケットとシャツ、そしてパンツを揃えておくと着回しがきくのでとても便利ですよ。

ジャケットにユーズドデニムや明るい色のTシャツを合わせるだけで、きれいめのカジュアルにもなるので、コーデがしやすいでしょう。
着回しのきくジャケットに加えて、カラーのカーディガンを持っておくと、春服の爽やかさを出すことが出来ます。

冬服から春服への上手なスイッチの方法とは?

冬服から上手に春服へスイッチして行くには、明るい春色を差し色に使うことです。
ラベンダーやピンクなどの色を、冬服に徐々に入れていくようにしましょう。
3月くらいになると冬服にも飽きてきますので、少しずつ春らしい明るい色をファッションに取り入れていきたいと思います。
ミントグリーンのセーターを着たり、白のカーディガンを羽織ったりするのも良いでしょう。
春服へのスイッチをしているときに、白の分量を増やしていくと春らしくなってきます。

洋服の素材も春らしく、軽い素材を取り入れていきましょう。
シフォンスカートやシルキーなプリーツスカートなどを取り入れると、春らしい軽さを演出できます。
春らしい色のバッグや明るい色のストールなどを使って、春服へのスイッチを自然に行なっていくのも良い方法です。

春服を着るのは4月上旬頃からがおすすめです。
爽やかな季節にふさわしいコーデにしたいですし、3月頃から上手に春服に向けてスイッチしていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ