福田琴絵さん(ジャパネットたかたMC)のプロフィール

妹のようなキャラクターとして評判の福田琴絵さんは、ジャパネットたかたの女性MCとして活躍しています。
明るく一生懸命に商品の説明をしたり、実演をしたりしてくれる姿が評判良く人気です。
ジャパネットたかたの福田琴絵さんとは、どんな人なのか解説していきます。

ジャパネットたかたの福田琴絵さんのプロフィールとは?

ジャパネットたかたの福田琴絵さんは、年齢が20代で、ジャパネットたかたの収録番組商材企画番組政策課に所属している方です。

2013年からジャパネットたかたの東京スタジオで、AD業務を行なっており、その後、ジャパチャンのサポート業務をしていました。
時折CSチャンネルのMC業務をしていましたが、2015年からは本格的にMCに取り組んでいます。

かわいいと評判の福田琴絵さんの仕事内容

こんなかわいい妹がいたら良いと人気の福田琴絵さんですが、どんな仕事を行なっているのでしょうか。
地上波やBSの番組で流される番組の企画や、商材を決定する仕事をしています。
どんな商品を紹介するか、どのような方法で紹介していくのか、などを企画していくのです。
MC業務だけでは無く、企画まで関わっているのはすごいですね。
視聴者の年齢層や、視聴者が必要としていることを検討したり、番組の時間帯に合わせて人気が出そうな商品を分析したりして、番組を作り上げていきます。

ジャパネットたかたは地域密着の企業姿勢が共感されていますが、その背景には、福田琴絵さんの様な働きがあるのですね。
企画に加えて、MC業にも集中して取り組んでいます。
商品を手にしたときに、どんな気持ちになるのかとか、どれくらい生活が変わるのかを伝えてくれます。

どうしてジャパネットたかたに入ったの?

福田琴絵さんはどうして、ジャパネットたかたに入社したのでしょうか。
もともと福田琴絵さんは、夢を与える仕事がしたいと考えていました。
旅行会社や結婚式関係の会社への就職を考えていましたが、ジャパネットたかたの、お客さんに夢や感動を与えようとする姿勢に共感しました。
ジャパネットたかたのスタッフが、生き生きと働いている姿が印象的だったと語っています。

福田琴絵さんの仕事への取り組み方

福田琴絵さん自身も、ジャパネットたかたの利用者に夢を与えるために、元気に仕事に取り組んでいますよ。
ジャパネットたかたは、商品の発掘や、説明などを全て自社で行なっています。
1つの商品がお客さんの手元に届くまでには、多くのスタッフが関係してきます。
福田琴絵さんは、これらのスタッフの思いを代表するのがMC業だと考え、真剣に業務に取り組んでいるのです。
妥協をしない姿勢や、出来るだけ商品の良さが分かってもらえるトークを心がけているので、番組を見ていても、その熱意を感じるのでしょう。

説明した商品が、たくさん売れると、なんとも言えないやりがいを感じると言います。
しかも、その喜びをスタッフ達と分かち合えるのが、この仕事の魅力だと感じています。

福田琴絵さんはどんな一日を過ごしているんだろう?

ジャパネットたかたでの福田琴絵さんの一日は、午前中に課内の会議をしたり、商材を決める会議をしたりします。
在庫の確認業務や、商品シートを作るなどの、事務業務も行なっていきます。
お昼は社員食堂で取るようですが、タニタ食堂のメニューが大のお気に入りとのことです。

午後番組の収録が主になり、地上波やBSローカルだけでは無く、CSの専門チャンネルの収録にも出演します。
その後、さらに会議を行ない、一日が終わっていきます。

ジャパネットたかたの女性MCの福田琴絵さんは、企画やMCなど多岐にわたる業務をこなしていますよ。
かわいいイメージが強いですが、実はバリバリと仕事をこなしていくキャリアウーマンなのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ